勘定科目の補足説明

プリペイドカードの取り扱いについて

投稿日:

アイコン「カード」昔からあるテレホンカードの他に交通用、ゲーム用、ガソリン用、買い物用とプリペイドカードの種類は色々増えましたね。

プリペイドカードを買った時(または入金した時)、使った時に動きがありますが、どういう時にどういう仕訳をすればよいのか・・・それは両方とも仕訳をしなければいけませんよ。

まずは前払金で計上します。その後は使った都度、計上します。
使った場合は、使った内容によって、『借方』の科目を変えましょう。

※領収書や請求書はその都度保存しておくようにしましょう。
※バス・電車等、領収書・請求書が発行されない場合は出金伝票を使いましょう。
(その際、プリペイドカードの名称を書いておくといいですよ。)
※残高が合っているかどうかチェックしましょう。

1月6日に事業用の現金でプリペイドカードに5000円入金をした(または購入した)。
1月20日に私的な買い物を900円した。
3月31日に仕事の出張で交通費600円を使った。

単一仕訳

1月6日

借方 摘要 貸方
金額 科目 科目 金額
5000 118
前払金
プリペイドカードの名称 100
現金
5000

1月20日

借方 摘要 貸方
金額 科目 科目 金額
900 191
事業主貸
個人的な買い物 118
前払金
900

3月31日

借方 摘要 貸方
金額 科目 科目 金額
600 703
旅費交通費
使った交通機関名 118
前払金
600

336_280

336_280

ブルーリターンA FAQコーナーおすすめ・厳選リンク集

-勘定科目の補足説明
-, , , ,

Copyright© ブルーリターンAで青色申告を始めよう , 2018 All Rights Reserved.