勘定科目の補足説明

事業主貸と事業主借について

投稿日:

アイコン「事業主貸と事業主借」生活費を事業用口座から移す、事業用の代金を個人用の財布やカードから建て替える時は、事業主貸・事業主借を使います。
この判断基準は・・・というか覚えやすい覚え方をご紹介します。

事業主貸とは?・・・貸す

事業のお金を個人的に使用したときに使用する勘定科目です。
例として「生活費」「個人的な買い物や支払い」「銀行の利息」があります。

誰が誰に貸すの? ・・・事業個人に貸す

事業主借とは?・・・借りる

個人のお金を事業用に出したときに使用する勘定科目です。
例として「事業用の資金が足りないので個人用から資金等を出した」「私的なカードで事業用の代金を支払った」

誰が誰から借りるの?・・・事業個人から借りる

つまり主となる事業視点から見て
☆「借りる」場合は『事業主借』、
☆「貸す」場合は『事業主貸』になります。

336_280

336_280

ブルーリターンA FAQコーナーおすすめ・厳選リンク集

-勘定科目の補足説明
-,

Copyright© ブルーリターンAで青色申告を始めよう , 2018 All Rights Reserved.